山田稔明『新しい青の時代』限定アナログ盤

活動報告

レコードのある風景2

2018-04-10

一旦はすべて売り払ってしまったコレクション。しかし再び本格的にレコード収集が始まったのは今住んでいる家に越してきた2011年秋以降のことだったように思います。壊れて処分してしまったターンテーブルに変わって、1万円くらいで買える簡単なレコードプレイヤーをミニコンポに繋ぎました。1970年前半から建つ家のリビングには壁一面に作り付けの棚があって、「ここにレコードを並べて」と語りかけてくるような雰囲気がそこにはありました。ひとコマだったレコードのスペースがどんどん増えていって、音楽を聴く時間がどんどん増えていったのです。音楽がある空間、僕はどんどんテレビを見なくなっていきます。

一緒に引っ越してきた愛猫ポチはレコード棚の隙間で眠ることもありました。「レコード」と「猫」はきれいに韻を踏みます。また昔みたいに100円のエサ箱から毎日たくさんレコードを買うようになって、CDで持っているアルバムもLPで聴くほうが楽しいなと思うようになった。「断捨離」とか「持たない暮らし」みたいなトレンドと真逆の方向へ。フィッシュマンズや小沢健二も手放したときの値段の何倍も払って取り戻しました。R.E.M.のレコードもあれもこれもと手を伸ばして、コレクター道を突き進みます。去年、ちゃんとしたターンテーブルを買ってからはまたどんどんそのスピードが加速しているような気がします。

愛猫ポチが具合が悪くなってもリビングでは静かにいつも音楽が鳴っていました。無音よりも何かの調べが流れているほうが穏やかな顔をしていたポチを思い出します。音楽はまるでタイムマシンだな、と本当に思います。その音楽がMP3やCDであるよりも針が溝を擦って鳴る響きだったら、なおさら美しい。そんなふうに思うのです。僕は自分が作った音源がレコード盤になったことがありません。なので、この夏に『新しい青の時代』という愛すべき作品がこの部屋の空気を震わせるのを心待ちにしています。だれよりも楽しみなのは紛うことなく僕なのです、多分。(続く)

レコードのある風景2
  • soulquake soulquake

    山田さん はじめまして! solquakeと申します。
    『新しい青の時代』愛聴してました!
    いきなりの過去形ですみません。。。
    そんな状況なので、現役の熱心な山田 稔明ファンとはおこがましくて言えないのですが、アナログでの発売に、かなり気持ちがぶり返してきてます!
    ただひとつ問題が!
    私の場合、アナログ(もちろん世代的にアナログ始まり世代です)処分のついでに、ターンテーブルも処分してしまい、現状聴くに聴けない状態、、。
    これを機にターンテーブルの導入を考えているのですが、最近のオーディオ事情がさっぱりです。
    山田さんは何を使ってますか?
    また、おススメ機器とかあれば教えてください!
    よろしくお願いします!

  • 山田稔明(Toshiaki Yamada) 山田稔明(Toshiaki Yamada)

    soulquakeさん、これを機会にターンテーブルというのはとても光栄です。新しい記事でプレイヤー事情等書いてみますのでちょっと待っててください。コメントありがとうございました!

  • soulquake soulquake

    即レスありがとうございます!
    取りあえず、オファー購入しましたので、山田さんレコメンも参考にして、ターンテーブルをじっくり選ぶ事にします(コレ自体楽しそうです)!