山野友佳子 カメルーンツアー

活動報告

活動報告 その3 【100%達成!】

2019-08-13

なぜカメルーンに行くのか、なぜ難民を救済したいのかというのは、比較的自然な流れでそうなったかなと自分は思っています。

不器用な私でも、自分の音楽活動によって人を楽しませたり感動させたいと強く願いプロの世界に飛び込んできました。そんな中で、
外国人観光客が私の東京でのライブに偶然ふらっと入ってきて、"君の演奏は素晴らしいからもし自分の国に来てくれたらライブをアレンジするよ"、なんて言われ、"本当に行きますよ?いいですね?"なんてやり取りをし、それを繰り返していたら活動範囲が世界になりました(笑)

そんな活動をしていると、"今自分は海外に住んでいます"、"海外にこんな友達がいるから紹介しましょうか?"なんて情報が沢山入ってくるようになりました。カメルーンも、知人が紹介して下さったのがUNHCRの方だったというのがきっかけです。

このような事はちょっとのやる気があれば誰にでもできる、なんて最初は思っていました。しかしこれはもしかしたら自分の特技なのかもしれないと最近感じております。それならば皆様のお力も借りて彼らに喜んでもらえるツアーを精一杯やろう!という事でクラウドファンディングをやらせて頂いています。

ヨルダンにてパレスチナ難民の前で演奏させて頂いた時、人々は何の先入観もなく音楽を楽しみ、感動して下さりました。私の音楽が人々の明日の生きる力になるのだな、と思えた時、私はここに来て本当に良かったなと思いました。

今回初めてアフリカに行きます。こんなにビザの手続きや準備が面倒だとは思っていなかったので今更ながらアタフタしておりますが、"まずはやってみる!"というのが私のモットーです。今回も大きな感動を得られる事は間違いないと信じています。

皆さまのお陰で達成率は100%を超えました!改めて、お礼を申し上げます。しかし、より高い達成率を目指し、なるべく多くの資金をカメルーンに届けたいです。引き続き、皆様のご協力をお待ちしております!

活動報告 その2

2019-07-31

こんにちは!バンコクとジャカルタのツアーを終え無事帰国しました✈️
今回だけではなく海外での演奏での面白さ・・・
それはやはり、日本では味わえないような経験ができる事です。
もちろん良い事ばかりではありません。

今回のツアーでのある現場では、とても良い雰囲気で
お食事や飲み物の種類も充実していて、とても素敵なジャズバーなのですが。。
なんと蓋を開けてびっくり、
ピアノの高音域のほとんどが凹んでいます。
当然音は出ないですし、凹んでいない鍵盤もピッチは最悪。
おいおい、こんなんで弾けるわけないだろ、、、
なんて思いながら音響の方に聞いたところ
"ピアノの上に電子ピアノが置いてあるでしょ。右手はこれで弾いて"
と言われました。
"そんなの弾けません。それなら電子ピアノだけでいいです。スタンド持って来て下さい"
と言ったところ、
"ピアノはあるけど、スタンドはないよ"
・・・・・・・。。。
仕方ない、立って弾くしかないのかな~とも思ったのですが、
私は練習するためにいつもツアーでは一番早くお店に入るので、
まだ到着していないメンバーにダメ元でスタンドを持ってきてほしいとメッセージしてみました。
そうしたらメンバーがスタンドを持って登場しました。(感激‼️)

こうして、本番直前までハラハラしながら演奏したライブでした。

帰国すると日本の環境の素晴らしさに感動し、
日本での演奏がより楽しく感じます。

もちろん楽しい事も沢山あります。そのあたりは次回お話したいと思います。


クラウドファンディング終了まであと1ヵ月となりました。
短期間で、約半分達成できた事に心から感謝しています。
しかし達成まであと半分!!!

引き続き、応援よろしくお願い致します🙏

活動報告 その1

2019-07-24

こんにちは!バンコクより初めての活動報告です✏️

クラウドファンディング5日間で、目標金額の1/3を達成する事ができました!🎊
協力して下さった皆様、心から感謝しております。

私が予想外だったのが、ミュージシャン仲間の参加や情報拡散がとても多かった事です。

皆様から頂いた資金がどんな事に使われるか、それは金額によって違いますし、これからUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の方々と話し合って決めていきます。
参考までに日本語版UNHCRのHPのリンクも貼らせて頂きます。
https://www.unhcr.org/jp/

クラウドファンディング終了まであと38日、、、まだまだ皆様のご協力をお待ちしています!🙏

引き続き、よろしくお願い致します。


山野 友佳子